• YUKI

浅〜いサポート

ビシバーーーシのPreⅢ

ユキセンセイからの注文が、週毎に増えております(笑)

それなのに!

手を出すサポートはかなり浅〜く、浅〜くなっております。

【自分でやってみる】

まずココを強く強くしていきましょう。

今日のレッスンでの

浅〜いユキセンセイサポート場面

その①

ストレッチでくるん。

今までやってきたストレッチも、じわじわプラスα出てきていますね。1stに進級するとさらに...あります。

その前に!まずは今まで習った中で、自分で出来るべきところはやっておきましょ!!

とこの①の場面。これまでは、ユキセンセイがほんの少し手をかしていたのですが(それでも少しね)今日は敢えてココは!!

【音声のみ】

のサポート体制を取らせていただきました。

いや、よくがんばりました!

諦めませんでしたね。

それでクルンと!脚がまわりました。

きっと次回から自分でできると思います。掴んだものがあったのではないかな。


浅〜いユキセンセイのサポート場面

その②

バーワークで消えるユキセンセイ

これは前回の日誌にも書きましたね。

しかし

(笑)

ここだけ読むとユキセンセイレッスン放棄!

いえ違います。

一緒に数回やったあとに〜自分たちだけでやってみる

【記憶】のトレーニングを兼ねています。

でもそれよりも大事なことは

真っ直ぐに前を向いて

【堂々とレッスンすること】!!

ボソボソっと動く子どもたちに「どうすれば上手になるか!?」の2択の質問を出しましたが、答えはサラリとみんな一致していてこれもまた驚かされました。

そうなんです。

この壁は相当高く高度なんです。

瞬時に記憶して堂々と動く。

でも間違えても何しても、ハッキリ動かないことには意味がない!鍛えられない身体たち。

やがてやがてそれは今取り入れている最中の【知識】にも繋がることでしょう。(パには意味があり、その意味通りに動く必要性があり!)


浅〜いユキセンセイのサポート場面

その③

新しい練習!ステップを繋いじゃいます。

ここでは音声サポートは濃いけれど、

「見て・聞いて・理解する」のは自分のチカラです。今までよりも身体も頭も集中を高めていかなくてはいけない第一歩かも。

何度も何度も練習して取り入れていきましょうね。身体に。

基礎のキのバレエルールも詰まっています。

きっとこの時吸収したことは、身体の記憶として次に繋がるでしょう。

一回や

二回じゃ

「わかった」「出来た」を掴めないこともきっと増えると思うけれど、その先じっくり続けて掴んだ【楽しい】には、「達成感」がお土産としてついてくるはずです。


YUKI


最新記事

すべて表示

自力で