• YUKI

気力と体力

前回の土曜日のレッスンで、それぞれに学んだ事があったように思います。

『わからない事をわからないということ』

そして

『自分から行動に移す事』

2つ目は、何事も。ですよ。

一つ一つの場面・瞬間に遭遇した時に、自分で置き換え行動に移せるようになるにはまだまだうるさく伝えて行かなくてはならないかな

と彼女たちの様子を見ていて思います。

1つずつの場面に、私も立ち会いながら

時に遠くから見て見ぬ振りしてみながら

一つ一つ【経験】を増やして行ってもらいたいと思っています。

**********

レッスン

ポーズやポジションを取る時に、身体のどこに意識を向けるべきか

バーワークでは、徐々にポイントをしぼって伝えています。

そして本人たちも、その意識の理解も深まっている様子です。

動きになった時も同じで、意識を保ったまま動き続けることがこれから先は特に大切になっていき、上達の鍵は1人ずつに託されています。

バーワークでは意識があったことも、フロアワークになると途端に抜けていく事があるため、

バーワークで意識したことと同じ身体の意識(注意)を持ったまま(したまま)、フロアワークでも積み重ねる事をしています。

バーワークで出来ないことは、フロアワークでは出来ないに等しい。そう思ってくれたら嬉しいです。

ただフロアワークでは、バーという支えが無い分、自分の身体ももっと伸び伸びと伸ばし切って動く必要性もあると私は思います。

ポーズの練習では少しずつしんどさを越えて、自分を奮い立たせている様子が見えることも増えていますので、そこにもうひとこえ!

身体の伸びが見えてくると、ポーズの美しさも見えてき始めるのではないかなと思う子もいます。

欲を言えば

もっとキモチが爆発するほど解放できたら良いのになって、見ていて思うんです。

なんだか躊躇しているように見えることもしばしば。

背中の意識

つま先の意識

それをもっともっと見せていけるようになるにも、もう少し

情熱の解放と

良い意味の諦めと

両方みてみたいなと感じますよ。

まだまだ言われないと下を向き気味な姿勢も見られますからね。「下は向かない」気力も体力も必要です。身につけていきましょうね!!

もっと動き続けて、身体の感覚を掴んでいくことももちろん必要と感じます。

レッスンでは言われて

出来なくて落ち込む暇があるなら動く気力と体力は必要です。

(その辺りも、忍耐力に通ずることなり)

スタジオにいる間は、たとえば一瞬の間が空いたら、自分で「さっきの」復習をするなりして動き続ける貪欲さももっと欲しいな〜。

言われないとまだまだ動きが止まる事が多いので、フロアワークでは合間を入れずにドンドン彼女たちを動かしています。

これが夏を終えた頃には

声をかけないと止まらない

くらいに、練習し続ける3rdになって欲しいなと思っています。

最後はふらっふらになりながらも、ユキセンセイの声に反応して動き続けていました。

その気力も

自分から発信できるようになってくれたとき、この3rdの背中は変わっていく気がしています。

**********

レッスン後の解放感に浸らずに

ノートを書いて帰るのであれば

時間を見て行動できるようになりましょうね。

時間は無限ではありませんからね。

レッスン後に話をしたりするのも素敵なことです。

ですが「やるべきこと」があって残っているのなら

2人でダラダラするのではなくて、気づいたら互いに素敵な指摘をし合いながら、成長して欲しいなと思います。


「時間を見て行動しなさい」

とユキセンセイがいうのではなくて、自分たちで気づき切り替えられるようになりましょうね。

(これはきっと先長く見守りが必要ですな)

しかしながら

ちょっとずつ

タフになっていますね。(いろんな意味で)

うるさいユキセンセイに負けず、よく頑張っています(笑)

YUKI





最新記事

すべて表示

3週間前

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!