• YUKI

楽しさ掴む秘訣

【バレエが楽しい】

が溢れてる2ndのレッスンの日。

70分のギュッと詰まったレッスンも、4回目にして慣れてきた様子の子どもたちです。

(その証拠の1つ レッスン後の更衣室が派手になっていることがあげられます(笑))

体力も気力も上がっているメンバーです。

特に今日は全員の調子が良さそうでした。穏やかな様子。

こういう時、子どもたちは恐るべし吸収力を発揮してくれます。

決して後ろ向きにならない

だから、ドンドン吸収し、チャレンジ×チャレンジを繰り返してくれます。

エクササイズでもバーワークでも、じっくり取り組むことが増えています。ところどころで、ユキセンセイに身体を直されることの中には、

今出来ること

ではなくて

今出来ることに身体の意識を変えていくこと

があります。

その直しによっては、今までスムーズに出来ていたはずのことも、やり難くなったり、出来ない感覚を感じてしまうこともあります。

たとえば

①エクササイズより

つま先

スーパーボールの掴み方・脚先の伸ばし方

も今までギュッと握っていたところから指を遠くに伸ばしたまま持つ練習に切り替わっています。(ユキセンセイから求められることですね)

手直しをされるとボールがコロコロ転がっていきます。

②1stポジションのジャンプ

これはその前の【プリエ】でもみっちり直されましたが、プリエを踏んでジャンプする時に真っ直ぐに跳ぶ練習をしています。その時に【跳ぶ】という感覚ではなくて

真っ直ぐに踏んだプリエから、勢いをつけずに真っ直ぐな姿勢で跳ぶことを直されました。

身体の些細な意識の違いなのですが、跳ぶ意識から跳び方の身体の使い方の意識に注意を切り替えると、子どもたちが思っているようなジャンプにはなりません。

けれどこのたとえばであげた2つにおいても、他のことも含めても、

思うようにいかない

こともスッと受け入れて、注意された意識に子どもたち自身が切り替えて動いてくれていました。

【意識の切り替え】

ここが出来るようになる時は飲み込みが早い。吸収力が抜群なのです。

*********

フロアワークになってくると、さすがに途中で疲れも出てきて集中力がとんでしまう場面もあります。

子どもらしく、何を言っても笑ってしまったりするのですよね。(大丈夫です。3rdも未だそんな感じ)

だけど!

笑って疲れを一瞬吹っ飛ばしたら、尾を引かないことが大切です。

ハハ!って笑ったら、くるりと切り替えて集中力を取り戻すことがレッスンでは大切です。

いえ何をしてても大切な切り替えかもしれません。

この切り替えも学んでいきましょう。

笑ってよし。

そこで息抜いてよし。

でも、一瞬で切り替える。

その切り替えも出来ると

「わかった」「出来た」ことがたくさん見つけられて楽しさも増すのではないかな。

今日の終盤のようにね♡

*********

レッスンノートにも「楽しい」その感想が書かれていた子がいました。

「出来た」から余計に楽しい!

って。

書かれていましたよ。

自分で掴む楽しさには、集中力も体力も気力も忍耐力も

努力も

必要ね。

それが大好きなことで

より楽しさ掴んでいく秘訣かもしれません。

何より好きだから

出来ること。

かな♡


YUKI



最新記事

すべて表示

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!