• YUKI

晴れたらいいね

週明けの火曜日。

オンラインレッスン は、PreⅢのメンバーからスタートしました。


最初は、しっかりと体幹トレーニング。そして足先のエクササイズを行っています。繰り返していくうちに子どもたちの身体が確かにしっかりとなっているなと毎回気づかされます。

いい調子!

そのまま、シャキッと伸びた姿勢のまま床の上でエクササイズ。気持ちも身体もシャキッとなったまま、足元も脚そのものもよく伸びいていたなと感じました。


集中もぎゅっと伸びてきた今、レッスンで行っている指示や注意も増やせています。

子どもたちは今日は少し難しい身体のお話もしました。きっと、頭もフル回転させながら頑張って聞いていてくれました。

その時に

「わかったよ」の代わりに、動いて見せて欲しいこと、聞いていることを(今日は身体を触ってみてでした)触って欲しいことも伝えました。


きっと頭がパンパンだっただろうけれど、それを越えた時・わかった後の動きは皆見事に!お話をする前とは違っていました。

よくできました!

さて

モジモジ取っ払う

ココロ

を作るのがPreⅢさんの課題!


ここでもう一つ!成長の証です。

「わからないな」という感覚

「不安だな」という気持ち

が子どもたちには生まれているということです。

その時に、それを伝えるということがまたさらに目標となって現れてきたなと思います。

そこでこちらから問いかけると、「わからない」から「もう一度」のところで手を上げてくれる子も増えています。

じっくり聞くと大丈夫!反応よし!

良き成長です。



ではでは・・・

いざ!「やってみるよ」となった時。


ここからそれぞれでした。


性格の違いもあって、「わかった!」と思い切って手を上げてやってみる子もいます。それはすごくすごく大事なことです。

話を聞いて、あるいは動きをみた後に「やってみたい!」と思って動いてみたくなる、

ということがまず大事です。

そこからやってみて「あれ?ここはこうだっけ?」というわからないこともその子もセンセイもよく見えてきて、さらに注意ができることもありましたね。


反対に今日は最近では珍しく、なかなか元気に手が上がらない子もいました。その時すぐには聞こえなかったかな?とも思います。(オンラインのためそういうこともあります)


またどうしても「やってみる」となかなか勇気が出なかった子の胸の内はもしかすると、正しく全てわかったかどうかの不安があったのではないかなとも思います。



そういう時に!!

「もう一回やって見せて」のコールを子どもたちの口からユキセンセイに伝えてくれるようになるといいなと思いました。

もちろん、えい!って勇気を出して手を上げてみて欲しいなという気持ちは大なり。


でもどうしても、気持ちが向かない時だってあります。そういう時は聞いてみて欲しいな。


まずは、どんな時もモジモジせずに聞いてみて。言ってみて。


できれば思い切り

堂々とやってみる。

そして

わからない時は「聞く」



いつか「どこがわからない」か、部分的にわからない点も自分たちでわかるようになると思いますから練習していきましょう。こんなにもイキイキ上達して勇気も持って自信も持って動くことができ始めていますからね。


この矛盾しているような文章ですが、バレエは思い切る勇気も必要です。

やってみて初めて、「ここがわからなかったんだ」と頭だけではわからない・感じられないことも多くありますからね。わからないを知るにも、やって見せて!

そしてどうしてもモジモジしちゃいそうになったら、聞いてみるようになるといいなと思います。


その辺りを、もう少し私も注意深くみて、子どもたちが自然と聞ける空気を作ることを考えてみたいと思います。


最後までよく頑張りましたね。

頭パンパンだったかな。きっとこのパンッパンな今日の頭は、次回にはすっきり動きに帰られていることも増えていると思います。


週二回頑張っているPreⅢ!

しっかり鍛えられて、伸びて行ってください。


********

先週からスタートした可愛い可愛いPreⅠのレッスン。

前回は途中で疲れも出てしまい涙がこぼれてしまった子もいましたが、今日は最後まで全員ニコニコイキイキレッスンをやり遂げました!


何よりも変わったのは、ユキセンセイがお名前を呼ぶと反応が返ってくる事です。

ジッと止まるよ〜

バレリーナさんはこれが大事だよ〜

なんて声かけにビビッと反応が返ってくる様子は、可愛くてすごく清々しい気持ち何します。

でも、もっとすごいなと思ったのは「誰が素敵にできてるかな〜?」なんて声をかけると、お名前を呼んでいないのにどの子にも変化がある事です。

ちゃんとユキセンセイの声を聞いてくれている証拠ですね。少しずつ、どんな時も誰に声をかけているのではなく、お話を聞いて反応できることが増えて行っていますよ。


今日は30分しっかり集中できたミニリーナさんたちには最後に

ユキセンセイからお願いが二つありました。


一つは

(お水休憩を一回しかいれていないので)終わったらお水を飲むこと

二つ目は

なるべく自分で着替えてみること


できたかな?


バレエの時間は、「私の時間」です。お着替えも自分でできるようになりましょうね。


毎週成長がみられる彼女たち。また次回が楽しみです。



**********

最後は2nd以上の子どもたちのレッスン。

前回、土曜日に野津先生からのアドバイスを元に、3rdとJrは特に意識するポイントを今までとはまた違ったところに個々に移せています。自分が気になっている身体のことを質問したことに対して、野津先生が的確に丁寧に返してくださったお気持ちも子どもたちには届いているのだと思います。(野津先生本当に、ありがとうございます)


そのことが本人たちのモチベーションも高くしているなと感じた今日のレッスンでした。


2ndの子たちは、個々にテーマに沿って注意すべきところと改善すべきところも少しずつ加えながら進んでいます。

ノートの改善が、少しずつ自分自身の自信に繋がってきている子もいます。


良い成長です。

身体のことを2ndの子たちも先輩と同じように学ばせたことで、頭はいっぱいになりながらも、自分の身体に意識が以前よりもみられているような気もしています。


解剖学的な知識を取り入れることで、最初はどの子もちんぷんかんぷんだったと思います。その中には、できるようになるためには〜ということだけではなく、怪我をしないためには〜

というお話もいれています。


脅すわけではないけれど、そのことで少し気をつけて聞いてみよう!と、自分の身体にも自覚と意識が芽生えてくれたら嬉しいです。


何よりも、ちんぷんかんぷんでもリタイアせずに毎回全員がオンラインレッスンに参加すること

そしてその中でいろんな日があるにも関わらず、毎回気持ちを立て直してレッスンに向き合っていることは子どもたちそれぞれの

バレエへの熱意と

姿勢が詰まっているなと感じています。



*********

2nd以上の子たちは、現在レッスンと同時進行で動画作成の準備をしています。今回はとっても大変です(笑)

私自身も、これは可能なことなのか?

させるには荷が重すぎたのか?

と悩む日々続きましたが、子どもたちでせっかく時間をかけて話し合ったことだからこそ、形にしてもらいたい!と粘らせていただいています。

一人ひとりの担当とレッスン以外にも時間をもらって話し合い、悩み考え作業に取り組んでもらっています。

その中で、どの子も最後まで粘って前向きに一つ一つ

一人ひとりが取り組み形となって仕上がってきています。

あとはまたしても

編集の力・・・どうなるか・・・


少し山は越えたようです。


最後まであと少し!レッスンで鍛えて心の強さでみんなで協力しあって仕上げまで頑張りましょう。


子どもたちのパワーは素晴らしい。


ユキセンセイ、必死についてはしらせていただきます!


YUKI




​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!