• YUKI

時間をかけさせてください

今日のPreⅡさんの日誌は、

もしかすると

いつもとはほんのちょっぴり

違う角度からの見方(書き方)かもしれません。



そのため先に、この日誌の結末を記します。



『時間をかけさせてください』

********

「人よりも時間がかかる事」

ありませんか?

「どうしてもできない事」

私にはあります。(笑)



それは、下手とか上手とかの基準ではなく

どーーーーしても!

出来ない理解

のことです。



他のクラスの日誌にて公開していますが、

私はどうしても

地図が読めません。

簡単な上下左右はわかりますが、それが今立っている地点からどっちへ向かうことなのか?

理解はできないほどの方向音痴です。


今ではGPS機能を使っての行き先案内もあるのですが、それすらも見ながら自分が回ってしまうほど酷いものなんです。



電車の先頭と後方を見間違えることもあるほど、方向感覚の理解がないのだと思います。


ただ不思議なことに...舞台だけは大丈夫です。迷ったことはありません(笑)



子どもたちの様子をみていると、とびっきり得意なことがそれぞれ見え始めています。

またその反対も、少しずつ見えてきています。



でもそれは、「なんにも不思議な事ではない」ということを書いておきます。



そして「まだこれから!」です

ということも書いておきます。


どうしてもこの先も長く長く続けても

バレエの中で『理解ができない』ことがもしもあったならば、違う角度で理解できる道も一緒に探したいと思っています。



今はまだ、グループレッスンの中で子どもたちも、意欲は満々でも、実は緊張していたり、興奮していたり、気持ちが先行してしまったりする場合もあることは確かだと思います。

それぞれの性格の中で、一生懸命「バレエ」というレッスンの中で、ありとあらゆる感覚を養っている最中でもあります。



特にこのPreⅡさんは、当校の中でも人数は多めです。

その中でセンセイが投げかけることに対して

どの子も多勢のなかで

耳で

目で

身体で

頭で

たくさんたくさん一度に使って、一人ひとりが受け取ろうと頑張ってくれています。(充分どの子もその姿勢がはなまるです)


グループではあるけれど、1人ずつの理解の度合いは私自身もその都度キャッチしています。



そして

グループレッスンではあるけれど、出来る限り1人ひとりが理解を深めていけるように

投げかけ方も

切込み方も

改善しながらこの先も子どもたちと歩みたい気持ちです。



だからこその

『時間をかけさせてください』です。



だけど、ママやパパが見て不安に思うことや心配事があった場合は、

どうぞ溜め込まずに、その都度私にも教えていただけたら幸いです。教えてくださることで、私だけの視点ではなく、より子どもたちのことが見えてくることもあります。わかることも、改善点も見つけられることもあります。



共に子どもたちのことをシェアし

子どもたちの成長に歩み寄れたらと思っています。



この先(長くみてくださいね)少しずつ難しくなっていくことも増えますが、なるべく「今」(からある一定)の時点で、理解できないことは、少しでも一人ひとり解決策が見つけられるように歩んで参ります。

そのため、たっぷり『時間をかけさせてください』

のPreⅡクラスです。


もう一つ!最後に


どの子もとびっきり「得意なこと」がある事が

とても素晴らしい事なんです。


それをたくさん見つけてお家で褒めてあげてくださいね。



YUKI



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!