• YUKI

手放したことで

ポアントワークの予定をしていた今日

金曜日ですからね。

けれど、ずっとひっかかかってしまっていたことが私の中にあり子どもたちと相談をして決めました。

イベントまであと1週間です。

本番は、【踊る】ために用意された場所じゃないため

「できることなら」という前置きがあってポアントで踊ろう。

ということになっていました。

準備を色々頑張る様子をみて、1つに私からも道筋を決めてあげなきゃいけないなと思いました。

負担をなるべく少なくして

怪我のない状況をつくってあげること

子どもたちが本番

踊ることも含めてイベントそのものを楽しむために。

彼女たちが描いているビジョン(世界観)に少しでも近づけるために。

床という環境の話を3人にして、「どうしたいか」

ということも一応聞きました。

中にはポアントで踊りたい気持ちもやっぱりある

という子もいました。

そうですよね。練習も重ねてきたのですからね。

その気持ちも汲み取った上で、もう一度私からの気持ちも話して、今回はもしも履けたとしても、状況はすぐに対応できることじゃないためポアントは手放し踊ることとしました。

イベントまでは、ポアントワークは少しお休みしますがその分、

「踊り」の中で一つ高い目標をそれぞれが掲げてみること

そして何より

踊る

ということを思いっきり楽しむことを目標に定めてあと1週間練習をしようと決めました。

イベントを決めた時点では踊ることは期待していなかったことからスタートして、そこからどんどん目標が増えて進んできた今までのこの積み重ねは、次回の舞台という環境の中で思いっきり弾けてもらいたいと思います!

今日はそのうえでフルワークを行いVaのリハーサルを、バレエシューズで踊るということに切り替えて、手直しをしたり曲のテンポを改善したり

細かい作業を行いました。

雰囲気も思い切り掴むために

と早く貸していただいたチュチュボンも着けて、気持ちもしっかりと前を向いて

あと1週間後に向かい走り出しました。

**********

Vaは手直しを何度か行ったあと、久しぶりに2セット続けての練習をしました。

今までのリハーサルは無駄じゃなかった。

ポアントを脱いだ分、

自由に踊れる部分も子どもたち自身感じたことと思います。

体力も充分余力もあったくらいに見えて、それすら成長を感じました。

そして

まだまだそれくらいポアントで踊るって難しいことなのですよね。

本番は、安心を1つ手にして

思い切り思う存分、一人ひとり輝いて欲しいと思います。

終わった後も練習していた子どもたちを見ると、楽しみ

が意気込みに変わり

自然と身体が動いて確認・キャッチしたいのだなと思いました。

また明日

YUKI



最新記事

すべて表示

キモチ

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!