• YUKI

意識し過ぎが仇となる?

グーーんと意識も高くなってきています。

身体もタフになってきています。

以前は、

「ちょっといたいな〜」

と思うと立ち向かえなかったストレッチにも、今日はみんなよくがんばっていた事がありました。

コレはキモチも強くなっている証拠ですが、

身体の支えがわかってきた

出来てきた証拠でもあります。

開脚などの柔軟は、続けることで柔らかくなります。だけど、子どもたち自身がココに気持ちが向かない限りは無理強いすると心身共に怪我にも繋がりますからね。

みながら、随分とタフになったなと感じました。

立ち姿が綺麗になったなと感じ、子どもたちの強さを感じた瞬間がありました。

一人ひとりの身体を直しながら、フラフラしないでじっと立っているその立ち姿に

実はちょっぴり

ウルウルしてしまっていたユキセンセイです。

この強さを(ココロとカラダの) 6人全員から感じるんです。一人ひとりの身体に触れると、その熱意を一人ひとりから感じるんですね。

(「あーまずい...この子たちの卒園式を想像するだけで、泣けてきちゃう。卒園式に参列するわけでもないユキセンセイなのに...。」)

ってココロの中で自分でツッコミながら、こみ上げてきてしまっていたユキセンセイは、実は1番ヨワムシです(笑)

**********

「一人ひとりががんばるよ」

って今日も最後まで頑張ったステップ練習。

あと一息で、出来なかったことがありましたね。

これは

お友達を意識しすぎて彼女たちは出来ないんだなって

気づいていました。

一人ひとりだとできるけど

繋がるとバラバラになるんですね。

何度やっても。

だけどその時の一人ひとりの動きを見ていると、

手が触れてるだけで、お友達を意識し過ぎて

無意識に合わせなきゃとなり

止まらなきゃ

合わせなきゃ

ポーズしなきゃのブレーキが空回ってしまう子もいるのだなと感じました。

それで最終的には自分が転ぶ。

そんな感じですね(笑)

面白いな〜って思います。

でもきっと

ステップとその流れそのものが

もう少し身体に染み込むことも重要。

きっと身体に染み込めば、息は合うと思うんだな。

このメンバーならば!

しかしよく動く子たちです。

楽しそうに。

楽しさ弾けて時々、大真面目な注意を投げなきゃいけませんが、

そこがいいところなんです。

イキイキやってみて

大真面目のスィッチがわかっていくことは大切ね。

うーん。

そうなってくると...

やっぱり全員で揃うと思うんだ。。。

あのステップも。

できるはずなんだ。。。

ユキセンセイは諦めない。

諦めないぞぉ!

来週もやりましょ。

そして踊りの練習もしましょ。


だけどユキセンセイは、【レッスンを大事にすること】が基本。と思っていますから、踊りにも進めるかどうかも

子どもたちに託しましょう!



ヨワムシなくせに厳しいユキセンセイの日誌でした。

YUKI



最新記事

すべて表示

自力で