• YUKI

情熱と冷静の量が...

今日のレッスンの内容を書くのが日誌なんだけど...

マルっと終わって

ユキセンセイの頭の中は実は空っぽになりました(笑)

私の今日のレッスンは、何か伝えられたのか??

って。

ちょっと無に近い感じ。

ふわーーーって

抱えたものが全て網目から流れていくような気がしました。

こんなことを本当は書くべきじゃないんだけど、ありのまま

感じたまま

の感覚です。

でもこの感覚はなんなんだろうかって

私は今日子どもたちに何を伝えたかったんだ?

って自問自答していて

ハッと気付かされたことが1つ。

【子どもたちとのうんと距離を縮めたかったんだ】

そう思いました。

ビシバシなユキセンセイのレッスンの中から

伝わってきている確かな手応えを一人ひとりから感じている木曜1st。

もっともっと子どもたちとレッスンを楽しみたい!

だからこそのもっと距離を縮めたい。

その想いが私の中のパワーとなって出過ぎてしまったんだと思います。

本来のレッスンなら失格。

情熱と冷静の間で

いなきゃと思っています。

これでも。。。

だからなんだか、バーーっと終わった途端溢れていった感じがしたのかもしれません。

********************

今日「も」ユキセンセイのペースでグイグイ進めた1st。

子どもたちにバシバシ伝えて

子どもたちもしがみつくかのように応えてくれていました。

最初からそのペースの子もいたし

じわじわの子もいたけれど

ビュンビュン飛ばす中で、着々とユキセンセイが伝えたこと

跳ね除けたことにも

彼女たち自身の中で、考え・捉え・果敢にチャレンジしていたことは間違いありません。

その姿をみてると

あともう少し!

もっとみたい!

もうちょっとだ!!

と引っ張っていました。

(※このもう少しが

私の熱量の問題(笑)多過ぎた...。そこ反省中です。)

だけどその中で子どもたちの自発的な芽生えだったり

殻破りの勇気みたいなものをみることができました。

注意をされる・声をかけられることにまだまだドキドキしちゃう子には、グイグイユキセンセイから突っ込んでいきましたが(笑)

今日はその中で、レッスンの中では引かなかったことがその子の前進です。

(レッスンが終われば、うまーくスルーされましたが(笑))

これは殻破りの勇気のこと。

もう一つ自発的な芽生え

1人の子に「これもうちょっとこうしよう」とストレッチで注意をした時に、他の子がポヤンと待ちぼうけ姿勢だったこと。

この時一回だけ

「お友達が注意を受けている時は同じようにやってみることが大事なんだよ」

って声をかけていました。

そのあとまた別のことで、1人の子に「もっとこうするんだよ」って言うと

まず①その子が「ハイ」ってお返事をしてくれたこと

でもバレエのお返事は「ハイ」と同時かその代わりに、言われたことをすぐその場でやり直して見せることが大事。

「すぐやってみて」と言ったら、言われたその子はすぐに行動へ。彼女も最近グンと頼もしくなりましたね。

ここで②他の子が、少し控えめではあったけれど

同じように動き始めたこと。

そうそう!さっき伝えたばかりのことを、自発的に行動に移してくれていたんです!!!!

そんな姿が嬉し過ぎました。

待ってても

立ってても

上手にはなりませんもの!!

また彼女は(行動にうつした子)、最近「もう一度教えてください」をハッキリ言えるようになっています。

ただ今日はどうしても一回考えて欲しかったので、「一回自分で考えてみて」と伝えました。

その結果は...

難しかった内容であったけれど、最後まで諦めず

何度もユキセンセイの動きを確認して、そのたびに自分なりに新しい情報を入れて動きで見せてくれていましたよ!!

その過程が見られたことはとっても大きなことです。

今日一回では理解できなかったとしても、きっとこの先に大きな変化が見られるはずです。

最後に、もっともっとの部分を

もっともっと楽しんで

にユキセンセイから子どもたちに発信してみました。

その時にね!

まぁ可愛い笑顔が見られたこと

思いっきりのヒッチャカメッチャカな滑稽な動きでも楽しんでいる姿も見られたことは安心でした。

はたからみれば

何の練習??

ってな感じかもしれませんが(笑)

こう言う時に感じている「楽しい」

動いていることが楽しい

嬉しい

気持ちももっともっとあたためて、繋げていけたらとの思いです。

********

おまけ

スタジオに来た時の挨拶にものすごく変化を感じた子がいました。

元気ハツラツ!!

そしてそのあと声かけた事に対しても

「ハイ」と大きなお返事!!

びっくり。。。

レベルアップ1stでの刺激を活かせてる

そう思いました。

出会ったのは2年前。

挨拶もなかなか

スタジオの敷居を跨ぐにも、なかなか

なかなか〜時間がかかった子とは思えない!

一人ひとりの成長を感じると同時に

その子との出会いや昔の姿がリンクしちゃう親バカです。

YUKI



最新記事

すべて表示

Before After