• YUKI

心地良さは頑張った証拠

ちょっぴり肌寒いけれど、

「動き出せば温まる♪」

心地よさを感じる午前でした。

子どもたちもレッスンを受けて

心地よさ

を感じてくれていたら嬉しいです。


********

今日はビュン!ビュン!!

テンポアップのレッスンでした。

メンバーになって2回目の子も、このテンポによくついてきてくれたな〜と

感心しました。

彼女の中にあった踊りへの

【興味】【関心】がどんどん前へ出てきているように感じます。

********

とてもとてもテンポアップした中で、子どもたちは頭もフル回転させていたと思います。

特に

ステップ×空間概念

(空間概念については金曜日PreⅡの日誌を参考にしてください)

ジャンプに加えて、《動き方》が加わりました。

ただそれだけでなく敢えて

【言葉】で動き方を示しています。


バレエは大体が四角の舞台面の上で、踊られます。

自分がその四角の中で、

どこに向かって立っていて

どう動くのか

ということはこれからますます必要になっていくことでもあります。

じっくり時間をかけて、言葉に身体がスムーズに反応していけるといいですね。(今すぐ言葉と動きがすぐに判断できなくても大丈夫です)

跳ぶ楽しさと

リズムを感じて

そこに動きのルールを言葉でも伝えていきたいと思います。(ここが空間概念です)

もう一つ!

ビュンビュンと進む中で

「わからない」

こと

すぐには「ん?」と理解できないことも今日はあったと思います。

ここもこれからの課題ポイント!

・一度や二度で諦めないこと

・「わからないぞ?」と思ったら、じっくり見ること・観察すること

それでもわからないときは

・「もう一回お話ししてください(説明)」を、元気よく伝えられる子になってほしいこと。

このどれもレッスンの中で、大切なことですが

案外難しいのは、3つ目です。

これは成長と共に難しくなっていきますので、今から練習して身につけていって欲しいです。

自分の身なりのことで、困った時は

「先生手伝ってください」

と言えています。

それと同じく!レッスンの時にやってみても

「ん?なんだろうこれ?」

ということがあったら

声をかけられるようになってほしいです。

どのクラスでも同じことを言い続けていますが、これは大事な学びの基礎です。日本は特に、ここがなかなか言いづらい環境にあるのかな...と思うのですが、ぜひ西洋の芸術でもあるバレエから学び方の面でも身につけて欲しいなと思います。


********

かなりのテンポアップでした。

最後は子どもたちもポカーンとなった場面もありました(笑)

よくよく集中して動き続けましたものね!

このテンポアップで

子どもたちの反応がすごく良かったところはそのままのテンポで

右往左往していたところは

いくつか説明を増やして、もう一度も二度も繰り返してみましょう。

きっと彼女たちは、すぐに掴んで慣れていくと思います。

そして、動き続けることで

自分で考えたり

感じたり

も増やしながらますます楽しさを感じてもらえたらいいな♪

と思っています。

レッスン後は身体ポカポカ

笑顔キラキラ

その子どもたちの様子から

心地良さをいただいたユキセンセイでした。

最後に

ハートの強さは

益々増したね❤︎

YUKI

最新記事

すべて表示

ドタバタ

1歳の差

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!