• YUKI

広がりますように

夏の水曜日レッスン。

Contemporary Balletの日。

前回終えた後に《すごく楽しかった》とノートに記している子がいました。

本当に楽しかったんだなと

実感したのは、その子の今日の踊りをみた時でした。

前回までの動きに【思い切りのよさ】がみえ始め、今日もパート練習をしていくにつれてダイナミックな動きがみえ、チカラの抜き・入れも動きに現れ始めていました。

一方で

【コンテ】

への自分の中のイメージが頭の中や動きを縛ってしまっているのかな?

と思う子もいました。

もちろん【contemporary】ダンス(バレエ)

というと、様々あります。

身体機能を存分に発揮させるものや

内なる感情を表すもの

音楽にのみ合わせるもの

モノや道具を使うものも

広くひろく様々。

今練習を始めたコンテのテーマは

身体のパーツを感じ動かすこと

身体のパーツの意識をどこにもち重心の移動を動きの連鎖に繋げるか

です。

そこにチカラの抜き・入れも加わります。

だけど身体の意識や使い方を全て変えなくちゃいけない!

わけではないのです。

今まで積み上げてきた

自分の軸・体幹

柔軟性

ポジションも使う

ことを忘れずに。

さらに古典とは違う動きの幅を広げることで、自分の身体の更なる強化点を知ることも必要だと思います。

私は、オーディションで渡欧する準備のために、コンテのレッスンやワークショップを色々受講し続けた時期がありました。

最初は、【クラシックとは全然違う】と思い込んでいて、見様見真似で身体を動かしすぎて股関節周りを痛めすぎた時期がありました。

確かに【古典とは全く違う】ものもありますが、基本的な体幹・重心が自分でわかっていることは大切なこと

を(怪我したことも含めて)知りました。

さらには、もっと踊るためにもケアするためにも

・柔軟性を高めるべきこと

・体幹や筋力アップをしなくてはならないこと

も実感して自分の身体と向き直すことができたなと思います。

そこで感じたことをコツコツ積み重ねると

【クラシックバレエ】の中でも踊りやすさを感じていき、

自分の身体(パーツ)がどうなっているのか

なんていう事も特にバーワークやフロアワークをするたびにわかりやすくなっていった経験があります。

子どもたちにとっても

今までのことをゼロにするのではなく

今まで積み上げてきたところから、新たに広げられるコンテの練習になるようにと思っています。

踊るという視野も広げていってください。

好き嫌いはもちろんあるかもしれませんけれどね。

YUKI



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!