• YUKI

存在感の強さ

久しぶりにレギュラーメンバーだけのレッスン(笑)


4人のプリンセスの前に立ち1番感じた変化は、

【存在感の強さ】

でした。

ほわほわじゃなくなった。



久しぶりに4人だったからこそ改めて感じられた変化です。

1人ひとりの存在感が濃くなったと感じました。目が輝いているものね。



レッスンの前のバーの組み立ても、自分たちで少しずつ協力して出来るようになりました。

「自分たちで」

出来ることが増えていくと自信にも繋がるのですよね。

その自信がプリンセスさんたちは

『バレエに対する意識』

に注がれています。




今日はたっくさん新しいチャレンジもしました。

ストレッチをしているしっかりとなった身体をみて

『できそうだな』

と思うこともユキセンセイのサポートと共にチャレンジしました。


ユキセンセイの判断はあっていたようです。

※家ではまだまだやらないでね。

(ちなみに1stさんは今同じことをセンセイのサポート無しで出来るようにがんばっていることです)




フロアワークでは、足のステップに手も一緒に動かす練習をスタートしています。

協調運動ですね。

あっちもこっちも意識をするのは大変ですが、子どもたちはきっと感覚でキャッチしていけるはずです。

その感覚が身体に染み込むと、いろんなステップもスルスルする〜

っと出来ていくカモ!

しれませんね。



あとは彼女たちの「楽しめる」気持ちとパッション次第かな♡


今の彼女たちならきっと大丈夫ね。



今ようやくプリンセスさんたちのココロが

うわっと

成長して

子どもらしさが満載。


教えるにあたって(私は)とっても嬉しい嬉しい子どもたちの状態です。

一人ひとりのペースにも差があって

自由な行動も個々の行動パターンも

それぞれに差が見えていることも嬉しいこと。



そして何より

プリンセスたちがイキイキしていること。


周りも気にせずグーンと突っ走ってくれていることです。




だから伸び伸び成長があります。



今日は最後に発表会の振り付けのように動きをつけてみました。

クリスマスらしい曲にのせてね。

一人ひとりがしっかりとセンセイの説明を聞いて

堂々と動き

みんなで一つの動きが仕上がったのをみて驚きました。

(夏前はあんなに時間がかかっていたことなのにね〜(涙)笑)

次回は一人ひとりの存在感が際立つ動きをつけて

舞台にあがれるかしら♡




楽しみね〜♪

YUKI

最新記事

すべて表示