• YUKI

増えるアップデート回数

今日は!準備が早かった2ndさんです。

その分時間に余裕もあり、ココロも落ち着いていたように感じます。



これから先、学年が上がっていけばきっと学校などの予定で遅くなることもたまにはあると思います。それでも、レッスン前のこの落ち着ける【ココロ】の状態を本人たちが掴んでいれば、きっとそんな時も切り替えがスムーズになることもあるのではないでしょうか?


とユキセンセイは思います。



経験をしているか していないか



この違いはとても大きいと思います。

********

レッスンは

『どうしたのでしょうか?』

と言うほど2人ともに意識が高く、伝えた注意も

「ハイ!」っていう威勢の良さが伝わるかのような姿勢でした。


(「なーにがどうしたのー?」)

そんな感じ。



幻かな。



そんな感じです。

すみません!


本音で書きました。



ココロもたっくさん動かしながら、

まっすぐに真っ直ぐにバレエでは成長をしている子どもたちです。



でも

この2週間の回を重ねるごとの姿勢と意識のアップデート回数が多い


データ書き込みも速くなっています。



びっくりします。

びっくりするのですが、



全て彼女たちの頑張りのチカラですね。

そしてママたちの見守りのチカラですね。




今日は特にニューバージョンの彼女たちだったため

新しい注意もユキセンセイから付け加えることができています。



最近は

【基礎的】なベースをしっかりと積み上げていくレッスンもギュッと集中してできています。

ただただ、新しいことを追加しているわけではありません。



その前にやり直すべきこと

見直すべきことがたくさんあることをもう一度伝え直し

自分の苦手と少しずつ向き合ってもらっています。




レッスンでは

ずっと前に通り過ぎていたかのように思われていたシンプルな事も、また引っ張り出して

【やってみて!】

と提示する事だってあります。(この先幾度もきますよ)


例))

『ひらがなを「あいうえお」から書き直しますよ!

すごく丁寧にね!

ハネ

ハライ

止め

も書き順も書き方も見直す』

というような事に似ています。(と思います。感覚で感じてください)




そこに真剣になれている2人がいます。

それこそが大事な姿勢で、大事な意欲です。




そして見えてきているんですよ

そこに向かう気持ちの強さがね。



だから注意が増えていく

子どもたちのなかでもきっと訂正と書き換えが必要になっているのではないかなと思います。



今までやってきたことにプラスがいっぱい増えるって凄いことです。

今日は『ことば』のニュアンスの違いを感じ取ってもらい、身体で気をつけてもらうこともありました。



そしてそこにも自らの意思が必要なことが含まれています。

(バレエは、無意識ではダメっていうことが、つくづくわかります。)



たとえば

落ちるのか

下りるのか

その違い。



やって欲しいことは『下りる』こと。

そこには自ら(みずから)のチカラが必要になります。


意識がなければできないことですね。


言葉の違いもさっと頭の中で理解ができ、モチベーションも高まっている今(今日?)だから

伝えることができ

子どもたちの身体にもヒットしたのだと思います。




子どもたちのココロが穏やかなとき、シンプルなことがシンプルに伝わる。

今日のこの感覚は毎回は続かないから

毎回レッスンが大事なのですよね。



色んな日を経験しつつ、今日のようなシンプルな状態の感覚をユキセンセイも憶えていたいと思います。



子どもたちのレッスンの数だけ

ユキセンセイも同じく、経験値を上げていく!

子どもたちが感じてる感覚は手放さないように。

だから共に走る。

うるさくても

嫌われても

(笑)

明日も走ります。


嬉しいレッスンでした。



********

スタジオの簡易テーブルを新しくしました(笑)少し大きいのでノートくらいなら2人で使えるかな。

今日はこのあと各々学習していました。


※ノートを書く時にストレッチをさせてるのは私です。

YUKI

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!