• YUKI

前回の結果

うん!今日はグッと気持ちを自分で高めてレッスンに向き合ったと思います。

スタジオの到着がギリギリだった2人ですが、到着後の準備の仕方から意欲を感じました。

(遅れそうなことも自分から連絡をしてきた子もいました。)

火曜日の今日は、引き続き今月もセラバンドを使ってのつま先のエクササイズを重点的に行います。そのまま体幹トレーニングと、ストレッチも入れて。

新しいエクササイズも1つ入れました。

バーワークが1番、彼女たちのモチベーションがわかりやすい時です(笑)今日は声かけにもよく反応していたので、繰り返し・繰り返しで体力が奪われていく中での意識向上のトレーニングにも繋げられました。

疲れてきた時に、意識を保つ。

バレエではとっても必要なことです。ここでも今日は自分自身に言い聞かせているかのような意識が見られて安心&嬉しかったです。

今日は予告通り、踊りの振付に取り掛かりました。

ここで、振り覚えに関してはもう心配していません。何度か繰り返していたら、自然と身体に入っていましたね。

とはいえ、まだ頭も振付でフル回転。体力もその分消耗しますね。

でも、ここでも「出来る意識は忘れない」こと。

初めての振付でも、意識できることは一緒に飲み込んでいく!

その中でまだ掴めていない身体の感覚はレッスンに戻す。レッスンの中で再認識を行うこと。何度も。これを今後は自分たちで積極的にできるようになることが大事です。

踊りの中で何が出来なかったか?

→レッスンの中で自分から気をつける。

そのためにも、基礎の飲み込みや理解は自分たちで行っておくことも大事です。

なんとなーくの理解じゃ、進めない!

ということで

土曜日に先送りになっていた基礎理解の再確認もしっかりとしておきましょう。

時間の流れは戻りますが、バーワークの最後に土曜日に立ち止まってしまった説明を、再チャレンジしてもらいました。

結果、堂々とハッキリと説明してくれて

堂々と間違いました(笑)

そのおかげで!!!

今日この基礎の理解は出来たはずです。

間違えたおかげで、「自分がわかっていなかった」ということをまず再確認できたはずです。

そこから、涙もなく

グッと考えて

3人で一緒に、基礎の動きと名前の合致に至るまで時間をかけました。

自分自身の身体の理解と、そこから派生する動きの流れと、その名前はフランス語でその日本語はなんじゃろか??

なかなかここは難しいんです。

アン・ディオールとアン・ディダーンの違い

外側へと内側へ

フランス語と日本語が合致していても、

何が外回りで何が内回りか分かりづらいこともユキセンセイもよーくわかるからこそ時間をかけました。

自分の身体の外って何?

内って何??

回転もあれば、脚だけを動かすものもあって、その使い方はバレエではとっても重要です。


ちなみにバレエの立つ脚は、基本的にアン・ディオール(外側へ回しながら使って立ちます)

回るという大きな動作になれば、分かっていても脚だけを動かすとなるとどういうことなのかチンプンカンプンにもなりやすいところです。

まずは!この時間から逃げ出しませんでしたね。

逃げ出すというと大袈裟かもしれないけれど、よく食い下がったなと思いましたよ。

前回お勉強したアドラーさんのお話の中の目標を1つ達成したと思います。

じっくり考えればわかったり・できたりするんです。

でもあとは自分がその「じっくり」に向き合えるかどうかなんでしょうね。

子どもたちを見ながらしみじみ思いました。

そして今日の子どもたちをみて

今日の頑張りは「今日」のものではないなと改めて感じました。

「今日」頑張れたこと・踏ん張れたことは

「前回」の結果。

だから前回悔しかった気持ちも

流した涙も決して無駄にはならなかったな

と思います。

これも自分自身のチカラよ!!!

よくやったぞ!!

そう思います。

*********

モップがけを、たらたら〜っとやっていたので

どうせするなら、アラベスクの練習でもしながらやりなされ!

との写真がおまけです。

YUKI



最新記事

すべて表示