• YUKI

前に出るキモチ

「誰からでもいいよ!!前にでておいで」

フロアワークの時の出来事です。



1人ずつ順番に!の後に投げかけました。


この瞬間サッと先頭を取ったのは、Jr.のメンバーでした。



今日は2ndからJr.までが全員レッスンに参加していました。ですが基本的には、2nd & 3rdのレッスンで、そこにJr.も参加可能としている枠のため、Jr.は2ndと3rdのことを優先し、動いていました。




ただ後半さんたちは特に先輩がいるということに尻込みせずに

「やりたい」キモチがあるのか

上達したいキモチがあるのか

それに伴ったアクションを起こす勇気があるのか

意地悪ユキセンセイはみたかったのです。



先頭に出てくる

ということは、アンシェヌマンの組み合わせも説明後直ぐに把握し整理しなくてはなりません。

出たいキモチは合っても、

[何をやるのか]

瞬時に整理が出来ていないと出て来られない。



でも今日は、まずは前に出てくるキモチをもっと見たかったので、パの練習の時にいれました。



1回目

Jr.メンバーにとられる

でも

2回目以降

3rdの子が、出来る限り出てこようと動いた。

そこに不安はあるけれど、2番目に出てきた2ndのこ。



だけど嬉しかったことは、その後に意欲の高まりを感じられたことでした。

どの子もね。


なかなかサッと動けない子もいます。

それは単純に、まだ行動のスピードに違いがあるだけのこと。1番じゃなきゃいけないなんて思っていませんよ。


こう声をかけた時に

「前に出たい」

「出てみよう」

という気持ちになれることが嬉しいし、たとえ出て来られなかったにしても悔しさも感じながらも、あとのことにキモチがマイナスにはならなかったことが大切です。


同じレッスン時間

レベルの差は当然まだまだまだまだあります。

だけど、気持ちの面では下がっちゃダメ。

そこを今日は持ち上げられたことに嬉しく思います。



そんな刺激をツンツンしたからか、昨日までプツリと切れていた集中は、切れずに持ち上げていました。

疲れを感じながらも、今日はキッカケはあったにせよ、

自分のキモチをアクションに起こそうとした・あるいは起こそうと変われたことは大きな変化です。


どこで誰がレッスンしていても

ユキセンセイはみています。



だけど、やる気を示すにはわかりやすく前に出てくる意識・意欲・勇気がなくてはいけません。

一歩引く必要はなし。

その事を忘れずに、今後どのポジションでレッスンしても、「自分を前に表に出す」いわばセルフプロデュースをしていく力もつけていってください。



次第に前に出るためには〜

どうしなきゃいけないか

レベルを引き上げなきゃならないか

わかっていき、

レッスン時間・それ以外でも

努力をする事を怠らないような前向きな子たちに育って欲しいと思います。



Jr.メンバーも今の2ndクラスの子たちの頃は、なかなか前に出てきませんでした。

譲り合っていたりして

もどかしくて悩んだ事を思い出します。

それに比べると・・・

2ndと3rdの子たちは、意欲は充分かも???

でもそれはそんな経験を経て、今めげなくなったJr.の先輩の背中を見ているからではないかなと思います。

**********

レッスン後にPro-adのこたちのVaを、みんな見学。

Pro-adの子たちも良い緊張感のもとVaの練習に励むことができていました。



********

そのあとはさらに全員で掃除。

この時一斉に動き出すと、自分では自分のやる事を見つけられない子もいます。

これも経験。

よく周りをみて

見つけて

行動できるようになるといいですね。



その後、Jr.の子たちにはそれぞれお願いをして2ndのこたちそれぞれの苦手と一緒に向き合ってもらっています。

1人の子はシニヨンの結い方

もう1人の子は苦手なストレッチ

互いに高め合って支え合って

くださいね。

YUKI

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!