• YUKI

分身の術は使えない

「ユキセンセイが後ろって言ったら前に行ってね!」

今日一番の必死な場面でした(笑)

前後に別々に動くこと

左右に別々に動くこと

これらをそれぞれに伝えるたあと「じゃぁ同時に動くよ〜」

っていうときに

「おおっとどうしようか」

って困るんです。

《ユキセンセイ分身の術》

でも使って一瞬2人になれないかななんて妄想すらチラリ頭の中をよぎります。

ならば声だけでもハモレないかしら??

いずれにせよ、そんなことはできないので(笑)なるべくこういう時は子どもたちと同時には動かないように心がけます。

ユキセンセイが動いてしまえば、自然とそれを追って動いてしまいますからね。

ある程度、子どもたちが「何をするか」がわかったら彼女たちに委ねて、ユキセンセイは耳へ情報を届けます。

同時に別々な動きの時はその情報すら、届けるのが難しいですね(笑)

それで冒頭の無茶振りユキセンセイ。

なんだけど!!!

彼女たちはよく理解してくれるなぁと、感心してしまった今日も!

次第に練習を何度か重ねた振りや動きは、視覚と聴覚から情報を得て動けるようになるので、子どもたちの様子を見て、振りの細かい指導を入れて行っています。

今日は最初の振付のところの練習を重ねたのはそういうことです。

バレエには、楽譜なるものがないので、記憶が頼りです。

そのチカラも今自分たちでつけていますよ。

実際に先週付けた振付のところは、とてもややこしく難しかったのですが、振付と同時に

何度も

何度も

何度も

何度も

みんなで繰り返したからこそ

彼女たちの記憶の中には、この場面が強く残っているんだなとも思いました。

だって最初に踊りの復習をする時も、踊り出しがその部分になっている子がほとんどだったんですもの(笑)

「そんな難しいところを覚えているのね!」

びっくりしちゃいました。

記憶が自信に繋がるんですよね。

そして日々のレッスンの積み重ねが、こんな風に振付の際に

集中力や

理解力

姿勢にすでに繋がっています。

踊りの練習をスタートしても、踊りだけを練習しないのはそういうことです。

基礎は大事だもの。

基礎を学ぶ中で身についてるチカラがたくさんあるバレエです。

でも!

彼女たちのレッスンは、本当に集中もモチベーションも高いことは確かです。

よくここまで、成長しましたね。

大泣きの子たち抱えてスキップした日々がやっぱり懐かしい(笑)

これからの成長もますます楽しみにしています。

YUKI



最新記事

すべて表示

1歳の差

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!