• YUKI

個々の課題

スーパームーンのあとの雨模様

この流れも関係しているかな...??

前回のレッスンの様子から比べると、モチベーションは低めにみえる子もいました。

バーワークの中では、同じ繰り返しの中で

「自分たちで身体の意識を高めていく」

取り組みを入れてもみました。

こういう時、案外自分がどう見えているか

なんて気づけないものです。

それでも今までなら、空回ったり・不貞腐れてしまい終わっていたけれど、なんとか自分たちなりに考えて意識や姿勢に工夫をしようとしている葛藤も見られました。

成長です。

それぞれのことをよく知るユキセンセイからは

それぞれにこういうところがよくなっている

ということも伝えた上で

だけど!3rdのレベルで見た時には、今日はまだまだチャレンジするパワーが足りないことも伝えました。

今日のレッスンはほぼこんな調子でした。

それでも2人とも、果敢に取り組んでいましたが...

後半はプツリと切れてしまいました。

1人の子は、集中飛び越えてしまってなんでも面白く感じてしまうこと。

もう1人の子は仲間へのライバル心と

なんとも伴わない自分の身体の葛藤。多分きっと。

*********

3rdの2名それぞれに、課題や自分で決めた目標があります。

課題はユキセンセイがみる子どもたちそれぞれへのもの。

それは成長過程によって見えていくものと

継続しているもの

その子の性格や特質・特徴からのものがあります。

レッスンを終えて、自分自身の感情の波にのまれかけていた子には新たな取り組みを提案しました。

【レッスンノートの日付の横に、その日のモチベーションを「高・中・低」で書き記すこと。

まずは今日の自分が思うモチベーションを書いてもらい、前回は今日に比べてどうだったか?ということも記してもらいました。

そしてその隣にはユキセンセイからみえる貴女のモチベーション評価も同じように3段階で記していく

という取り組みです。

これは、自分の大切な瞬間

自分の能力を発揮したい瞬間に自分の感情をコントロールしていく

スモールステップの取り組みです。

たった一回の舞台の時に、モチベーションが低いことだってあるんですよね。人ですもの。

ユキセンセイだってたくさんありました。

でも、大事な時に一番力を発揮したいですよね。

そのためには、そういう時自分のモチベーションを自分で高める

気持ちを切り替えられなくてはなりません。

まずはその一歩として!

3段階評価で自分を知る

そして感じるようになってきたら、低い時は特に、レッスンの中で少しずつ自分で自分を持ち上げていけるようにやってみましょう。

身体も変化の時です。

そしていいんです。ここではいろんな自分をさらけ出して正解です。

でも出すだけでは、意味がないのよね。

そこから一歩ずつ前向いて進んでいきましょう。

もう1人の子は、今日は途中まではよく集中していたと思います。

彼女の課題はレッスン後に見られました。

「自分が困った時にヘルプを出すこと」

掃除を進めたけれど、自分が知る限りの道具が見当たらない。

さて、言えるでしょうか?聞けるでしょうか??

ユキセンセイ、ずっと近くで待ってみたところ...今日は5分足らずで「どうしたらいいですか?」

って聞くことができました。

がんばりましたよ。

違う課題を持っている彼女たちですが、それぞれにその中で互いを理解しながら歩んでいることは確かです。

この点は、私も後輩たちも彼女たちから学ばなくてはならないことだなと感じます。

いい時も

そうじゃない時もあるさ。

でも少しずつ何か彼女たちの中で、変わろうとしている力を感じています。

だから伝えたくなるのよね。

YUKi



最新記事

すべて表示