• YUKI

伝えるには

子どもたちにレッスンの進み具合の見通しがきくように、

【今日すること】

を先に伝えました。

エクササイズは3つ(プラス 背中のストレッチ)

バーワークとフロアワークの後はコーダの練習。

本人たちがやりたい!(はずの)

踊りの練習も目標。

そこまで時間内に到達出来る様に、気持ちが1つ1つに前向きになれたらとプログラムの可視化を試みました。

(文字にはしていませんが、今後はそんな風にしてみようかなと思います。時間の使い方と気持ちの持たせ方の工夫の一歩です。)

曜日毎に、流れやポイントは決まっていて、子どもたちももうスッカリ馴染んでくれています。

平日は特に、2人しかいない3rdとは言え、2人でじっくりよくレッスンの中で自分と向き合い、互いに高め合うチカラも以前よりも遥かに見え始めました。

*********

年齢からみると

周りの目が気になり始める時期です。

またお友達や仲間の言動にも、意識が芽生え、心地よさや違和感も感じる時期です。

その中で当校は2人しかいない3rd。

たとえば1人を褒めると、「私もそうしてみよう」と思い直して見てほしいなと思っています。

出来る時もあれば

できない時もあってよし。

これは子どもたちにも伝えていますが、

相手に負けるな

ではなくて、

【相手の良さを受け入れる】

そして

自分に立ち返って

向き合うチカラをつけて欲しいなと思っています。

(お姉さんたちとのレッスンでも同じ事です)

それがレッスンの中で

【自分がどうしたいのか】

ということを見ている人に(ユキセンセイ)伝える表現にも変わります。

やって見せてくれなきゃわからない

のがバレエです。

「やってるもん」

では届かない。

人の良さや

言われる注意を受けたら素直に受け入れて

私はどうする?

を瞬時に見せてくださいね。

実はこの話を掻い摘んでですが、以前から伝え続けていました。

ただ先日のレッスンで、ふと新鮮に響いた子もいたようですよ。

ノートにも記してありましたし

そのノートに記したことを今日は「やってみよう」という姿も今まで以上に見られました。

大事なチャレンジ精神。

成長ですね!

*********

レッスンはすごく集中していました。

時折、笑いも出てはいましたが、レッスンの中では切り替えも速かったです。

木曜日のフロアワークは、火曜日のパの練習をアンシェヌマンにして繋げています。

その時に、踊りの練習も火曜日のじっくりなパの練習も活かされてきたなと

(また)

子どもたちをみて思いました。

動きの連なりだったものが、踊りになってきています。

それがそれぞれの【表現】として、何かお話を聞かせてくれているかのようにも見えたものもありました。(嬉しかった)

(受け入れて 伝えようとしていることが見え始めましたね)

ただー!

コーダの練習

何度か音無しで練習をして、

その後音楽に合わせてやるよ!

となった時に、「わからなくなった」一箇所のところで糸が切れ、そこから最後まで下を向いてずっとテヘヘ

と笑って終えてしまった子がいました。

これにはユキセンセイはNOを伝えます。

なぜいけない?

そこも自分でも考えられたらいいなと思います。

みんなと合わせる

となった場合

自分のその時の態度や姿勢によって、踊り全てがくちゃくちゃになる可能性もありますよね。

彼女の良さでもあることは、

どんな時も笑顔でいること。

だけど、笑顔とテヘヘ笑いが違うこと

(これも人に伝わる時にはどう伝わってしまうか、本人のこれからの経験で気づいていくことと思います)

音が鳴っている間は、音に合わせる

たとえば振りがとんだとしても、立ち止まらずその先に進み自分が合わせる。

これは彼女のレッスンの中での課題でもあります。

踊りの練習の中で、個々に良さも見え始め

踊りの練習の中で、個々に課題も見えています。


いいこと❤︎


YUKI



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!