top of page
  • 執筆者の写真YUKI

人生の通過点に居られること

虫の歌声が、時に切なくも心地良く心にしみる時季となりました。


************

久しぶりにすこーしずつ、クラスの成長を書けたらイイなと写真を撮っています。

子どもたちの後ろ姿を、改めてフレームの枠内に入れて見直すと

グンと伸びた成長を実感します。

この写真は2ndBクラス

主に小2のメンバーで、50分のクラスが週に2回。

サンサンでは珍しく??

キッチリ・カッチリな賢く柔軟に判断出来る子が多いメンバーです。

だが!

負けず嫌いの強さもピカイチ。

だけど、自分自身という【個】での動きはまだまだ弱虫さんなので現在

ビシバーーーーシ

YUKiセンセイからハートのしごきを受けている最中です。


この秋ちょっとクラスのメンバーもまた変わります。

どんなクラスになっていくのか、楽しみにしています。



***********

環境はもちろん

その人の人生に関わる大事なことですが、最終的にはその全てが自分の人生を自分で決めていく要素になっているのかなと最近思います。


決断

選択の時は、必ずどんな子でも

一人ひとりにやってきます。


「自分がどうしたいか」

選べることは幸せなこと。


だから【今】を悔いなく、積み重ねて欲しいと思うのです。

なんとなく ではなく

一瞬 一瞬を大切に。


そこから得られる感情がまた自分を構築していくパワーとなるのではないか


と感じます。


今は主に

Sun2 dancerSと特別支援学校

この環境で

子どもたちとバレエで繋がりとても強く感じることです。


子どもは

大人よりも真っ直ぐ。


時々私が、不安や心配で先走ろうとすると

子どもたちの真っ直ぐな行動によって

この雑念を取り払われるのですよ(笑)



ドンと構えて

ハートの中は特に笑って 笑って

子どもたちを見守れたらイイなと思っています。





子どもたちの人生の通過点に、私がいてバレエがその子のそばにある。


そのことを幸せに感じている今秋です。


YUKi


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page