• YUKI

下から上へ視点を変える

Jr

今日はマンツーマンのレッスンとなりました。

彼女とのマンツーマンはいつぶりかなーー。

こういう時間もたまにはいいなぁと思いました。

YUKIティの思いつきで

「ポアントで踊るよ」

となってから、3人の中で1番どんよりしていたのは彼女です(笑)

今日はそのどんよりしていた気持ちもすこーし晴れたのではないでしょうか。

ポアントワークをじっくり行う中で、彼女自身が見直すべきところの視点を

身体の下から

上へと切り替えてもらいました。

ポアントを履けば脚が気になるのは確かですが、その脚の上にあるパーツ

特に腕(アームス)

に視点を置いてバーを使ってポアントワークを行っていくと、身体の軸が安定してきました。

もちろんこれは視点を変えたことによって、他の部分への意識にも意地にも彼女自身の力によって変化したから安定に繋がったことです。

そのままじっくりみていくと、気になっていた脚のアンデオールも、シンプルに見直すことができました。

フロアワークもじっくり穏やかに進めて

いざ!リハーサル。

やっぱり今日は少し落ち着いていましたね。

1人だからこそ、聞き取ることがハッキリしていることもある

というメリットを十二分に彼女はプラスにしたと思います。

ちなみに

写真で彼女が持っているステッキは、3rdのママさんが試作してくれたコカリナさんの布。

でもまだまだ何かしっくりこないね〜と

リハーサルのあと話し合い。

まだまだ布の試作はつづく。。。

そしてその試作に、3rdのママさんがお付き合いくださっています。

舞台はみんなで創る。

しみじみ

しみじみ本当にそう思います。

子どもたちにもそのことがきっときっと伝わっているはずです。

YUKI



最新記事

すべて表示