• YUKI

ヘタです♡は上手の鍵

今日はいつもの木曜日1stとは、ひと味違いました。


もう年末なので、帰省される方もいたりおやすみの子もいたけれど、代わりに振り替えの子もいて

いつもは会えないメンバーが久しぶりに共にレッスンしました。



なかにはいつも準備の段階で、先輩たちに任せていた部分を、今日はしっかりと学べた子もいたようです。



同じくらいの年齢の子たちが、自分たちで協力し合うことで学ぶことも多いですね。



レッスンを進める上では、クラスが違うから

なんていう違和感はゼロでした。



面白いですね。

**********

印象に残ったのは、バーの時の集中力でした。

どの子もギュッとよく集中できていました。



そういう時こそ

説明は10のうち8で

あとは、慣れよ!

そういう手放しもできます。



子どもたち自身が、くっついて離れないほどの集中があるからこそ出来ることであり、そこから本人たちも意識が芽生え、考えて判断する力も発揮しますね。




フロアワークでは、『レッスンのルール』もまた1つ加えることができました。



自分がどのタイミングで

準備を整えるのか

そのことも加えて学んだはずです。



今日はやっぱり飲み込みも早かったですよ。



あとは【準備】のなかでもう一つ

足や手をどっちを準備して待てばいいか?

ここへの意識が次第に自然と出来るようになると、この先のバレエのレッスンの内容が難しくなっていっても自然と自然と出来ていくことだと思います。



ご飯の時に

「いただきます」

と言ってまずは箸を持つ

ことが自然に出来るみたいに




「今から踊ります」

の準備の『プレパレーション』が自然と。


次にどの足を出すか

手を出すか

まで考えて出来るようになっていく基礎のキでもあると思います。



大事な時期ですね。




なによりも子どもたちの気持ちがすごく高く穏やかだったので

ユキセンセイも言葉を選ばず(選んではいますけれどね)


おだてることなく

バッサリ言い切ることもできました。

たとえば

「ヘタです!」

なんてことも(笑)


でもその「ヘタです」

は何が今このままではヘタで

どうすればできるようになり

上手になるのかを示す大事な喝です。


直球で言われることにも慣れるココロも必要ですからね。


直球だと

繊細な子たちは、落ち込むこともあります。

いえ

ありました。



でも今日の高まりは大丈夫でしたね。

予想通り子どもたちのヘタは

今日のうちに

上手

に変わったこともたくさんありましたよ!

お見事!

1stさんのレッスンは明日まで。

また明日の子は

また良い集中力で楽しんで欲しいです。



YUKI

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!