• YUKI

ビンビンやる気ビーム

1人ずつバレエでは【変身】しているなぁと感じた今日です。

その中で、

①その子本来の性格がより強く見える子

もいれば

②レッスンの中では、【意外な一面】が見られる子

もいます。

とはいえ、どちらもユキセンセイが見えている範囲

気付いている範囲

での事なので

ユキセンセイが感じている①②両者ともに、どの子も当てはまる事なのかなとも感じます。

どちらにしても

バレエの中で変身している

というのは

バレエの中で

【私】【僕】こうします!

センセイみてみて〜のパワーが週毎に強くなっているなと感じている事です。

今までは、可愛らしい子たちをユキセンセイが動かしている

という感じの方がまだまだ強かったのですが、今は違うんですよね。

ユキセンセイが伝えようとする事を待っててくれる

だから

伝えた事に対して自分たちで理解を示して自分たちで動きだしてくれている

そこに【私】【僕】という自分自身を発揮して、自然と子どもたちがレッスンの中でアピールしてくれています。

うまく伝わるでしょうか。

たとえば

「出来ない」とか「わからない」とか「困った」とか「トイレ」という事も、子どもたちの方からセンセイに直接言えています。

もう一つ大きな変化は

「もっともっとだよ」

と言わなくても、

ストレッチの時

経ち姿勢の時

フロアステップで準備をする時

などで

意欲ビンビンな光を一人ひとりが放ってくれてアピールしてくれているのです。

「私出来てるでしょ」

「僕かっこいいでしょ」

「こうやって立つんでしょ」

「ふわっとプリエでしょ」

「お首は長いでしょ」

「背中もつま先も綺麗でしょ」

っていう風に。

今まで「もっとこうだよ」と言われてきたことが自然と子どもたちの中で身につき染みつき、それをみせて示してくれるということです。

これって

バレエではとびっきり大切なアピールだとユキセンセイは思っています。

やりたい

好き

のビームがとんでくる。

これほどビンビン飛ばされたら、ユキセンセイももっともっと伸びてもらうために!とプログラムもどんどん閃きます。

だから今日も新しい試みも入りました。

ユキセンセイが導くレッスン

というよりは

子どもたちの成長と共に走りたい

だからこその

嬉しい手応えみたいなものを感じさせてもらっています。

もちろん決まったことの中で〜のプログラム構成ですが、子どもたちが一生懸命で楽しそうな姿をみれば可能性はますます広がるものなのね!

とつくづく実感できた日でした。

新しいチャレンジを入れても、

出来なくてもシュンとめげなくなりました。

レッスンの内容ではめげていないけれど、他の場面ではシュンとなる子がいるな〜という場面も実は見えていました。

たとえば準備を1番にしたいとか

並ぶ時に1番になりたい

今まではわりと前に前に出てくる子が固定されていたのですが、

みんなみんながビンビンやる気ビームを発信してくれる今、そういう場面でも変化が見えています。

些細なことで自分の中で悔しさも感じることも出てきているかもしれませんね。

揉まれて揉まれてー!

悔しさも次に繋げてー!

だけどどの子もユキセンセイからみると

しょげる必要もないほど頑張っていますよ!!!

たくさんの気持ちを感じながらも、バレエ楽しい♪

を感じて

気持ちも身体も

もっともっとタフにしていきましょう。

グループレッスンならではの、良さや学びは大きくなっているかなと

嬉しさも期待も感じています。

*********

ママたち

マット消毒お手伝いありがとうございました。

YUKI



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!