• YUKI

バレエのためにも

3rd

フロアワークの中で、

それぞれの良さを伝えました。

・運動能力の高さがあること

・バレエの感覚(イメージ)を高く持てていること

どちらも必要なことです。

素敵なことだけど、それだけでは【バレエ】のパが出来ない(見えない)ことを伝えました。

これは意識せずに、すでに本人たちが持ってる能力です。

そこにプラスしてほしいことは

今せっせと本人たちが向き合っている身体づくりの意識やポーズを消してしまわずに注意し続けることが大切ということです。

しかもそれは脚のみならず!なはずです。

積み重ねていることを、使いなさい

ということですね。

たとえば練習している回転

(さまざま スーデニュー・アンデ・オール、アンデ・ダーン、ピケ・アンデ・オール/アンデ・ダーン)

くるっとただ回ってもそのパにはならない。

回るポーズが見えなければ意味がないと伝えました。

最初に書いた2つのことは、違うようで似ています。

それだけで動いてしまうと

どちらも本人たちの感覚と回るというイメージでクルリンとしているだけ

に過ぎません。

バレエのターンではなくなってしまっています。

ターンもステップアップしてきてたどりついていること。

分解して伝えている1つ1つの意識をなくさないことが重要です。

そのことを伝えたあとは、少し意識が変わりました。

ターンに関しては、憧れもあるでしょうから、「回りたい」イメージも意欲も強く持っていると思います。(どの子も同じです。バレエをしていたら回りたいピルエットですもの)

だけどココには特に基礎的な身体の軸と基礎のパ、ルルベでキープする脚と体幹の強さが必要なのです。

言われて意識をすると

長く立っていられなかったり

身体がねじれたり

エクササイズでもバーワークでも指摘されている部分がやはり見えてくるのよね。

本人たちはまだまだそこには気付けていないでしょうけれど、

【これが出来るようになるにはコレが出来なくちゃ】

と少しずつ繋がることが増えると、より一層目標もハッキリとしていき、ユキセンセイから言われる注意もグンとレベルアップしていくのではないかな?

と思います。

(あともう少しかな)

**********

フロアワークでは、右からアンシェヌマンをしたら左から同じことを行います。

新たなパも増え続け、今までより複雑になっていくと混乱していることが増えました。

そのことで、高めてほしいことは

・習った今までのポジションは、名前だけで身体がもっとすぐに反応できるようにすること。

もう一つは

・反転作業を頭でできるようにするころ。

右からは出来ても、左から同じ動きに置き換えることが難しい。

【この形に鏡を挟んだ時、どんな形になりますか】

っていうような問題がありますよね。

その作業を頭の中でして身体で示すことに似ているなといつも思います。

あとは慣れもありますが、バレエの中でササっと頭の整理をするにも、やはり机に向かって学習する

という時間を持つことは大切カモしれません。

コレは自論です。

成績が良いとか

悪いとかではなく

落ち着いて

自分で考え答えを導く

という作業は大切なんだよ〜

今日も!やんわり(まだやんわり)

突っ込まれております。

子どもたちの中で

きっとあまり好きではなさそうな学習と言われる時間が、楽しみに変わるとイイなと思います。

バレエのためにも。

YUKI



​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!