• YUKI

ツンツンアプローチ

【ほぉ!!!!!ひと山越えた〜】

を感じた今日のレッスン。

クラス全体を通して

キリリと喝を入れたり

注意もしたり

バシバシ伝えたり

(ここまで書くとユキセンセイって相当な怖さですね(笑))

レッスンのテンポアップと共に自然と自然と増えています。

それとはまた別に〜

1人ひとりに合わせて

ツンツンしてみたり

手放してみて

《ちょっとずつステップアップ》

が出来ていくようにと、ユキセンセイからアプローチを増やしていました。(今なお継続中)

それは心身共に。

カラダの面でのアプローチで、気持ちの強さを

気持ちの面でのアプローチで、カラダ(動き)に磨きと強さを

1人ひとりにあわせて

その時々に合わせて

ユキセンセイから仕掛けるツンツン攻撃は色々です。

そんなアプローチが実りました!

そんな気持ちになったほど...

ひと山越えた!

を感じた子どもたちがいました。

(きっとこの先個々のタイミングでみんな越えてくれると思いますよ。)

**********

今日のここに記したいことは

毎回のレッスンの中で、

成長をみせてくれること

とはまたちょっと違うんです。

積極的に《こうしよう》《こうしなきゃ》

《こうする》

が、姿勢や行動・動きはもちろん表情にもあらわれていました。

前回までは、まだ見えてこなかったところ

見せて欲しいな〜を

ツンツンしていたのですもの。

すると

ある日突然

今日のようにガラリと変わるんです。

違うんですよ!別人なの

ひと山を越えた時って。

【言われることでやってみる】ことが

じわりじわり

増えて

その子のタイミングで

ポンと山を越えていきます。

その《じわりじわり》の時に

グッと強くしていく部分があって

心身共に

そして

心身交互に

必要となることもバレエではあります。

(YUKIの考え)

ココロが強くなって

身体が強くなる

身体が強くなって

ココロがまた強くなる

その【強くな〜れ】ポイントにユキセンセイがアプローチします。

グループの中で

1人ひとりに。

だからもっともっと見せてね!

そして一緒に

うんしょと

越えていこうね!

YUKI




​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!