• YUKI

コントのような❤︎

まるでコントをしているかのような...彼女たちとのレッスン後半。



疲れてきた瞬間が

まだまだ子どもらしくわかりやすく現れます。

でも決してネガティヴな意志はみえません。



疲れた時は、どうやら笑ってしまう彼女たち。

ユキセンセイのオーバーな声かけがとてもヒットしてしまうようです。

(いいことだ❤︎それもまた狙いだったりするユキセンセイです)



それでも

繰り返し

やり直し

は続けながらです。



クスッと笑いながらも、動きが止まらず、自分の頭を整理して身体を動かしていることは確かです。



今日はそこから

この【笑った後】に【疲れたとき】

のもう一踏ん張りの方法を伝えてみました。


疲れたとき

まずは自分の身体のシグナルに気付き、各々そこに意識を向けることが必要



というお話です。

疲れてしまったら意識が遠のいてしまう身体のパーツがあります。そこにまずは神経を使うこと。


そういうことです。

でもこれが案外大変。強いキモチも必要ですね。


ですが!やはりこのことが今日はしっかりと届きました。



・意識を向ける頑張りが身体から見えてきました。



私が伝えたいところに

子どもたちから「伝わっているよ」

の反応が確かに返ってくることが、とてもとても面白くなってきた変化なのです。



これまでもきっと言えばやっていたのかもしれませんが、見ていてわかるほどではありませんでしたからね。




レッスンの中で後半はとてもシンドイことは確かなことです。


それにそこまでもよく集中していますし、それぞれが自分のノートに掲げた【今日の目標】も意識を持ってレッスンをしています。


さらに、意識が高い今

私からの注意は、1つ1つ増えています。



1つ(その瞬間)できたら

次の瞬間2つ目の注意がくる。



そうすると(当然まだ)1つ目の意識は忘れ

また1つ目の注意を受ける



そうすると...お分かりですね。


2つ目の意識を手放してしまうからまた〜

の繰り返しをしています。



その繰り返しが彼女たちにとって楽しいことなのだと思います。


次々言われることが、面白い!(様子)


そうなってきたら鍛え甲斐があるんです。



次々ツッコミを入れるように注意ができるユキセンセイは、もっと面白いのです。

まるでコントのようだと書いたのは、そういう意味です。


ひっきりなしにツッコミ(注意)を入れる


彼女たちとのレッスンが、

今まで以上に!楽しいユキセンセイです。



**********

レッスン後の2人の様子をみていて

お互いにやりとりを大切にするように伝えました。

「お互い」のなかでわかっていることでも

何とも思っていない自然のことでも

ひと声掛け合うことをするように。

と。

待ってくれていたら

「お待たせ」とか「ありがとう」とかね。

お互いに口にして伝える一言は大切です。

YUKI


最新記事

すべて表示

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!