• YUKI

イロイロ言われた

「ヒィ〜」

っていうくらい繰り返して

「いや違う」「そうじゃない」「もう一回」

フロアワークでのパの練習。

シツコク繰り返していたのは

「バーワークで何を言われた?」

っていうところ。

同じ脚運びだけど、パの中に入っていると結びついていない子どもたち。

やっと気づいて、【そうだった】と意識はするものの1つの脚運びがパ(動き)へと変化していくと動きに必死になってしまう。

バーワークで言われたことを必死に意識する、今度は思うように動けない。

そこにも理由があってね...

とたどってたどって

結局バーワークの最初に何をする?

というお話に戻ります。

脚を運ぶ前のポジション

動きの前のプリエ!

が正しくないと思うように動く事が出来なかったわけです。

ほんの少しの重心のかけ方や、上半身の意識の乱れも原因ですが、バーを放してしまうとまだまだ

意識をすると...

本人の思うようには動く事が出来ないのです。

それでいいんです。

前回も書きましたが、

自分の中のイメージや感覚だけで動いても、正しく身体は導かれません。

今日はバーワークでのポーズをそのままわかりやすくフロアワークへ導きました。

これはユキセンセイが「わかりやすく」と思い込んでいただけに過ぎなかった事が

最後に判明しました。

繰り返し

繰り返し

必死になって動いてやり直して

「だから今できたのは、さっき言われた何を意識したんだい?」

ってことを聞くと

てんてんてん........

「さっき何を言われた?」

の返しにその答えあり。

『イロイロ言われた』

(笑)

素直過ぎて吹き出してしまいました。

「そうか、イロイロ言われたー」

となるのかーーー!

言われてる注意同じことなんだけどな〜。

まだまだ指導力は低いユキセンセイのようです(涙)

もう一度伝わりやすいように、出直します!

と思い、レッスンを終えようとしたら

「この前の復習しないんですか?」

って言ってきてまた笑ってしまいました。

「イロイロ言われて」

疲れてるはずだけど、

「頭の中は整理しててね」と伝えたことはやる気で来たんだ」

なと

面白く嬉しい変化に笑ってしまいました。

「それじゃ復習を少ししましょう。やってみてごらん!」

とやってみてもらってよかったんです。

全くわかっていなかった!!

(笑)

きっと本人たちは頭の中では整理してきたのでしょうが、やっぱり身体を動かして理解することは大切だなと思いました。

ただこの時、感じたんです。

自分たちで言ってきたこと。

もちろんあたしが予告しておいたことだけど、やりたかったこと

できるようになりたかったこと

こういう時は子どもたちは止まらないんですよね。

もうずーーっと動き続けて

片方だけ(左右同じ動きがあるので)

キャッチして帰りました。

反転はまだできていないようです(笑)

土曜日が楽しみ❤︎

いい意欲♪

目標のポアントまでまだまだだけど❤︎

YUKI




​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!