• YUKI

よーい!!スタート

先週のとある出来事から、今日はどうしてもユキセンセイがチャレンジしてみたいことがありました。

バレエの内容に直接関わっていることではないかもしれないけれど、この先バレエをする上でも、何か他のことをする上でも、このことは大事な根っこになることだと思ったからです。

それは...

【マットの片付け】の時にやってきました。

ストレッチも終わり、次に何をするか子どもたちはもうわかっていて先へ進めようとしていましたが、一旦お話を聞いてもらいました。

**********

まずは確認

「1番(先)に、マットを片付けたい人?」

と聞くと、みんな手をあげていました。

(そうなんだ!みんなそういう気持ちがあるんだ)

とユキセンセイ心の中で、実はとっても嬉しくなりました。

では!

「そのためには、お友達を見ずにマットのことだけを見て最後までやってみて!」

そう伝えると

みんなとびっきりの良いお返事を返してくれました。(このクラスのお返事はとびっきり素敵です)

もう一つ付け加えたことが実は1番伝えたい根っこの部分でした。

「今日1番になれなくれも、諦めないでまた次、マットだけを見て1番目指すんだよ」

そこからの(敢えて)

【よーーーい!スタート】

を切りました。

この後、全員黙々と本当にマットだけを見て一生懸命集中してクルクル丸めていました。

結果、誰が1番!

とかも子どもたちは気にする事もなく、その後の作業も速やかでスムーズで穏やかだったことがとっても印象的な場面でした。

「よーい!スタート」

を敢えて切ったことで、どうなるだろうか?

とほんのちょっぴり心配もしていたユキセンセイでしたが...それは大人の勝手な心配に過ぎなかったと同時に、彼女たちの真っ直ぐなココロと構えに頭が下がりました。

誰1人、焦ったりもせず、終わった順番を誰かが気にする事もない

という結果。

素敵だなと思うばかりの子どもたちです。

この事で気付かされた事です。

彼女たちの中にはちゃんと「1番に終わってみたいんだ」という闘争心や競争心もある。

だけど真っ直ぐに自分のやるべきことに集中して「出来た」

という喜びは、安心感や満足感・達成感で満たされ前を向き続ける(次へ次へ)意欲や意識に自然と繋がるんだなと改めて子どもたちから感じさせてもらいました。

伝えたい根っこは、ユキセンセイが言葉にして付け足さなくてももしかすると伝わったのかもしれませんね。

(大人って先走るな〜っても思ったユキセンセイです)

素晴らしかった!

**********

もう一つ「できた」喜びを今日はじめてその子から

表情・安堵の身体のチカラの抜け方

と同時につぶやいた

「できた」

から伝えてもらえた事がありました。

何度も何度も何度も繰り返している事の中で、たまたまではなくて、

ユキセンセイが声をかけている意味も理解できたから「出来た」瞬間がやってきた出来事がストレッチの最後にありました。

あと一息!

と最後に繰り返した時に、付け加えたユキセンセイの一言でようやく今までの謎が解けたんです。

そのあと、その通りに脚を動かしたら

綺麗に立ち上がれた!

その瞬間ユキセンセイも彼女も同時に目があって

「出来た」

と重なった「できた」の一言と彼女の可愛くて最高の嬉しい笑顔は今なお頭に残っています。

そうなんです。

最初に書いたことと同じですよね。

順位はなくても

何か一つのことを達成するまで、

続ける

諦めない

ことが実はイッチバン大変で、もどかしいことでもあるんです。

でもどんな日も彼女も、みんなも決して諦めないで続けているから

「出来た」

瞬間が最高に嬉しくて、またホッとするんですよね。

嬉しいよね!

ユキセンセイも嬉しい。

みんなが出来る事もだけど

みんながそんな風に感じ取れるように成長していってくれていることが嬉しいのです。

**********

書き足りないくらいこのような瞬間に大手をかけているようなことはいくつもありました。

だからこの先が楽しみなんです。

大手をかける

とはこういうことです。

この後のステップ練習でも「もう少しもう少し」「もっともっと」の声に、諦めず励んで励んで

ちょっと変わった!

良くなった!

これもユキセンセイの目からすれば事実。

そしてその声に子どもたちも嬉しさを感じてくれてはいるけれど、彼女たちが心底納得はしていないんだな

という事もよくわかることが増えました。

こういうこと

ユキセンセイの声かけと

彼女たちの中の理解がまだ合致していないと

不思議なことに「ホッとする」までには至らないのだろうな〜って表情や仕草から見てとれました。

なんて貪欲!

なんて素晴らしい感覚!感性なんでしょ。

バレエをする上で、とびっきり必要なストイックさ加減。

この芽がすでに出ているところがまた素敵だなと思います。

でもこれって、思いっきりまずはやってみる・やり切る・そして聞いて・受け取って

「わかる・できる」

を自分たちから掴んできているからこその芽だとユキセンセイは思います。

でもまだ幼児の年齢。

ストイックな部分も大事に育てつつ

思い切りみんなで「楽しい」を感じる事もたくさん感じてほしいと思っています。

********

踊りでは

その良さが充分に出てきたなと感じます。

充分に出し切ってほしいとも思うから、細かく確認も入れながら、1つ1つ丁寧に向き合って進めさせていただいています!!

みんなが納得できるまで、

自信持って動けるまで、

ユキセンセイもとことん付き合わせてね〜。

この先も。

しかし本当に

真っ直ぐに真面目で

思いっきりがあること

その上でなんといっても

ピュアなハートは、伸びていく秘訣だなって

学ぶ上で1番大切なことだなって

思わされますね。

YUKI



最新記事

すべて表示

1歳の差

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!