• YUKI

しっかり・きちんと・丁寧に

今日は威勢のいい木曜1stだったな〜

としみじみ。

昨日レベルアップ1stを受けた子は、昨日のビシバシを自分のパワーに変えていました!!

前向き

前のめりな姿勢が、とっても伝わってきましたよ。

その意識が、レッスンの空気をピリッと変えてもいましたね。

さらに嬉しさを感じたのは、その空気にみんながのってきてくれたことでした。

ビシバシのユキセンセイの声に、自分たちでクルリと切り替えることもできていました。

とここでちょっとずるいぞ〜って思う面白い瞬間もあったこと...

ビシバシっとな空気の中で、一瞬「私のペース」で気が緩んだ子がいました。

大事な説明をしていた(順番を憶える)時だったのですが...

全く違う方向に向いていて、「これはどうするんだろう?」

と思いつつ

「はいどうぞ」とユキセンセイの意地悪を発揮させようとした時のこと。

他の子が、「もう一回教えてください」を伝えてくれたことが重なったんですね(笑)

こりゃこの声に答えないわけにはいかないユキセンセイ!!

その瞬間に、聞いていなかった子のスィッチ点灯(笑)

しかもものすごい集中力でその瞬間を聞いていました。

参りました!!

結果、その一回で受け取ったのは、はじめに聞いていなかった子も同じく...。

ということは最初から聞いててよ...

なんですけれど(笑)彼女なりに「あちゃ!聞いていなかった」は自覚があったからこそのその瞬間の集中だったかな。

いずれにせよ、成長を感じたユキセンセイ惨敗かな(笑)

「教えてください」を言えた子も。

ものすごい集中力を発揮した子もね(笑)

こんな刺激の相乗効果もあるものね!

*********

今日1番印象に残っているのは、

ジャンプの練習の時のことでした。

一生懸命に飛んでいて、プリエでぺしゃんと背中が丸まる。

飛びたいが故の気持ちがそうなるんです!

これは悪いことじゃないです。

でもでも!バレエで綺麗に高く跳べるようになるためにはどうしたらいいでしょうか??

という質問。

すぐに出た答えの中に

「プリエをしっかりする」

が出ましたよ!!

(なかなか良い良い)

では「しっかり」はどういうこと?

とユキセンセイがさらに聞くと...

ここからが可愛い!

「きちんとプリエする」

とか

「丁寧に踏む」

とか(笑)

「きちんと」「しっかり」「丁寧に」

どれも正しい!でもどれも曖昧(笑)

日本語の表現の幅の広さと曖昧さを感じました。そしてユキセンセイが「しっかり」とか「きちんと」とか「丁寧に」をいつも言い続けているってことだなって改めて私自身の曖昧な指導も感じて恥ずかしくなった場面でもありました(笑)

でも今日はこの中身が知りたい!!

と粘ったところ、いいワードが飛び出しましたよ。

「お尻を真っ直ぐに」

そこまで出たら思い出せないかな〜

「背中をピンと」

近づいた!!!!!

こんな感じでちょっと無理矢理ですが、「レ」というヒントを出したら出ましたね。

「レオタードを動かさない」

正解。

レッスンで着用しているものには意味があります。レオタードは身体のラインを見せて美しさを極めていく1つのアイテム。

その着ているレオタードにも意識を持って、動かさないように真っ直ぐプリエ(以外も)練習していきましょうね!!

後半のフロアワークの時は、モチベーションもMAX

疲れ果てていた後半に、意識が高まっていたことに大きな成長を感じます。

いつもと違ったのは

後半に子どもたちの気持ちが高まったわけではないところ。

今日はレッスンの最初から意識も集中も高めで、スタート地点がいつもと違ったこと!そこから後半に向けて疲れも跳ね除けられるほど集中していたことが

大きな大きな前進!!!

ちょっとずつ、個々の殻も破り始めているなと感じます。

間違えても

失敗しても

ユキセンセイからビシバシ言われても

前に向かってくるパワーを今日はいつも以上に感じることができた分、注意を受けた子どもたちが

一人ひとり果敢に取り組んでくれていた様子が頭に焼きついて離れないほど

嬉しいレッスンでした。

YUKI



最新記事

すべて表示

Before After