• YUKI

いつのひか...

元気いっぱいの土曜PreⅡ。

一人ひとりの個性の強さに磨きがかかっているクラスの1つです。

今日からさらにもう1人

元気いーっぱいの

バレリーナちゃんがメンバーとなってくれました。(満席です。)

どうぞよろしくおねがいいたします。

いつもなら、「ゆっくり慣れていってね」

と伝えるのですが、

彼女には

どうか「ハートを強くしながら、楽しんでいってね」

と伝えたいなと思います。

バレエを通して、たくさんの経験と共に!

*********

レッスンの中で、今日はどうやら少しお疲れ気味だった子もいました。そのままが身体に出ている様子は、とても珍しいけれどなんだか懐かしいな

と感じました。

ちょっと弱気な感じというか、ユキセンセイの様子を伺うような感じね(笑)

彼女が入所した頃の様子を思い出しました。(懐かしい)

それでも、ユキセンセイの「ちょっと大変だなー、ってことも続けて見ることが大事だよ」

の声に反応してくれていたところは、さすが!

でしたよ。

ここから少しの緩み話。

この時に

「ユキセンセイの目は、あっちこっちについてるから見てないなって思っても実は見えてるんだよ」

と伝えました。

そのあと、可愛い子どもらしい不思議がユキセンセイに放たれました。

【え?どこ?見せて】って(笑)

この反応が返ってきたのは、実は要町に移転して2人目のことです。

・「ドキッ」としたりしながらも姿勢を整える子

・「嘘でしょ」ってわかっている子

いずれかなのですが...

「見せて」って

気になってくれたことに子どもらしい素直な可愛さを感じてしまいました。

こういう声かけは、子供騙しな感じで良くないかもしれないけれど、見ていないとおもっている時にも頑張り続けるチカラもつけて欲しいのです。

それで、本当にときどーーき嘘をつくこともあるユキセンセイです。

お許しを。

でも目は確かにみんなが見えるところにあるのですけれど、後ろを向いていても感じる目は持っています。

様子が変だぞ〜と察知する目です。

*********

PreⅡは当校では1クラスの人数が多いクラスの1つです。

そしてその中で、よくユキセンセイの声をそれぞれが聞いて奮闘してくれるなと毎回思うクラスでもあります。

一人ひとりの自我も芽生え始め、「レッスンをする中でのルール」も子どもたちの中で理解し始めている今、お友達のことが気になって伝えたくなることも増えています。

また人数が多いことで、自分の立ち位置などに戸惑う子も中にはいるなと感じています。

バーなどで並んだ状態で話を聞いたり

動きを見る時は子どもたちも受け取りやすい時です。

フロアのステップになり、順番で並ぶときは積極的に並ぶということもこれから取り組んで行かなくてはいけないな

今日のある出来事で反省もありました。


*********

いつものように

いつもの練習

でもその前にユキセンセイがやってみるよー

ってなった時に、今日は少しわちゃわちゃなってしまっていました。

そんな時はまず

【ユキセンセイの動きを見る】

ということが大事です。

お話を聞く

お手本を見る時はジッと立って聞きましょう。

ちょっと強く注意した1個目の出来事。

その後にもう一度ユキセンセイが動き出したのですが、やはり【どこに自分が立てばいいか】とそのことが気になってしまった様子をユキセンセイの察知する目が反応して振り返って動いている子に注意をしたところ、大粒の涙が溢れてしまいました。

このメンバーでは1番長いお付き合いの子ですが、彼女の涙を見るのは初めてのことでした。

涙の原因は、二度のユキセンセイの注意がふりかかった事もあると思います。

他にはもしかすると...彼女の中で

何か府に落ちないこと

(並び順などの把握は、きっと気になっていたポイントだったと思います)

が重なったのではないかなと思います。

どんなに厳しい注意でも、泣くことのなかった彼女の涙を見て、驚いたこともあったのですが

正直なところほっとした・嬉しいと感じる部分もありました。(嬉しい表現は少し違うかもしれないけれど)

涙が出せるようになったこと

おそらく彼女の中で、すごく大事で大好きなバレエの時間を懸命に受けているからこその

もどかしさや

葛藤や

ユキセンセイの怖さにも怖いだけではなくて悔しさも感じてくれているのでは?と

勝手にですが思っています。(本当のところはわかりません)

ただ!この後!!

が強かった。よく踏ん張ったなと思います。

「泣かない」はレッスンのルールです。

誰が泣いても、同じことを伝えます。(PreⅠでも同じくです)

涙が一旦出てしまうと止めるのは難しい年齢です。それでもこの時間だからこそできる!

と頑張って欲しいところなんです。

好きな時間だもの。

涙を流しながら、お茶を飲んでグッと堪えて

その後今まで以上に堂々と踊ってくれている彼女の背中を見守ることができてこう思いました。

ユキセンセイも強くなろう

って。

こんなにも子どもたちが、前に前に突き進んでくれるんだから、グッと強さをもとうと。

うまく言えませんけれど...

レッスンが終わった後も少しだけ

ユキセンセイからお願いをしました。

涙の理由がもしも他に(ユキセンセイの注意以外に)あったらママにお話ししてね。

と。

だけど「レッスン中はどんなことがあっても泣かない」

「お話を聞く時はジッとして聞く」

「そして並ぶ時は1番に前に出ておいで」

と。

最後に

「上手になってほしい人にはユキセンセイちょっと怖い顔をすることもあるけれど、貴女のことが大好きだから言っている」

ことを。

年齢に対して、お話の内容が濃かったけれど

彼女のこの1年半の成長を見ている限り、今の彼女なら、

伝わることも

届く気持ちも

何かあるかなと言葉にしました。

いつか

届くといいな。

大人になった時には忘れているかもしれないけれど。

*********

新たなメンバーも加わって、今までいる子の中には様子の変化に敏感になっている子もいるかもしれませんね。

こちらは

ゆっくり慣れてね。

そして新しいお友達のことも、どうぞ宜しくお願いしますね。

ユキセンセイは

このメンバー

一人ひとりにとって

わかりやすい

伝わりやすい

レッスン体制に改善していきます。

子どもたちと共に経験させてください。


よろしくお願いいたします。


次回も元気なPreⅡっ子とのレッスンを楽しみにしています!

YUKI




最新記事

すべて表示

1歳の差

​毎回のレッスンの日誌を公開しています。レッスン風景をお読みください!!